データ取りExcelについて(詳しく見る

 

---Sponsored Link---

スロットの基本 役立ちツール

【完全版】明日から使えるパチスロで勝てる立ち回り方!時間別まとめ

このページではパチスロの立ち回りについて

時間帯別・スタイル別でまとめています。

「明日から使える立ち回りのテクニック」から「どの時代でも使える本質」までこのページを見ればわかります。

こんな方におすすめ

  • パチスロの勝ち方がわからないから知りたい
  • パチスロいきたくなった。どうせなら勝ち方を知りたい
  • パチスロで負けてしまった。このまま負けで終わりたくない
  • 会社員で夜からの立ち回りが知りたい!
  • フリーターで平日の朝の立ち回りが知りたい!

 

---Sponsored Link---

パチスロで勝てる立ち回りの種類

まず立ち回りの種類と特徴を抑えていきましょう。立ち回りの種類は大きく分けて3つあります。

勝てる立ち回りの種類1:設定狙い

1つ目は設定狙いです。

パチスロには設定というものがあり機械割というものがあります。

この機械割によって理論的にいくら勝てるのか?いくら負けるのかが決まってきます。

機械割が高い台を打つ事が出来れば理論的に勝てる額が高くなります。どのようにしていくかというと

機械割が高い台をより多く打ち機械割が低い台をより少なくしていくという方法になります。

簡単に例を出すと(等価の場合)

機械割が97%の台を5,000ゲーム回すと平均で9,000円負けます。

機械割が110%の台を8,000ゲーム回すと平均で48,000円勝てます。

[97%の台を5,000G]というのを3回やると27,000円負けます。

[110%の台を8,000G]というのを1回やると48,000円勝てます。

つまり、この4回で平均で21,000円勝てる事になります。

もっと機械割について知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

機械割と期待値について

続きを見る

勝てる立ち回りの種類2:ハイエナ

2つ目はハイエナです。ゲーム数狙い、期待値稼働と言われたりしますが同じ意味です(ここからはゲーム数狙いと言います)

ゲーム数狙いを一言でいうと

期待値がプラスのものを狙う

という事になります。

(期待値がわからない方は「パチスロで勝つ為にはこれがわからないと始まらない!?期待値とは?」をご覧ください。

ゲーム数狙いの中でも様々な種類のやり方があります。

  • 天井狙い
  • ゾーン狙い
  • モード狙い
  • リセット狙い
  • 残り狙い
  • MB狙い

大きく分けるとこの6つになります。こちらで詳しくまとめています

参考記事
ハイエナの勝ち方とは?

続きを見る

勝てる立ち回りの種類3:攻略法

3つ目は攻略法を使うといものです。ただしこれは現実的ではありませんので聞き流してください。

直近の有名な攻略法で確認出来るのはボンバーパワフル2の攻略法です。特定の手順の打ち方をすると永遠にメダルが増えていくというものになります(ニコニコ動画に動画が残ってます)

昔は実際に使える攻略法が多く存在しました。しかし現在出回っている攻略法の99.9%が詐欺ですので間違っても攻略法を買わないようにしましょう。

ですので今勝てる立ち回りというのは大きく分けて設定狙いとゲーム数狙いの2種類となります。

ココがポイント

立ち回りの種類は大きく分けると設定狙いとゲーム数狙いの2つ

パチスロで勝てる立ち回り:時間別まとめ

立ち回りの種類がわかったら次は時間別にどう使い分けていくかを知る必要があります。

朝の時間は何をすべきか?夜の時間帯はどのような所に気をつければいいか?などを書いていきます。

パチスロで勝てる朝一の立ち回り

設定変更の確認

朝の時間帯にすべきことは設定変更の状況を確認することです。

・設定狙いであれば前日が低設定の台が設定変更されていなかったら当日は低設定という判断が出来ます。

・ゲーム数狙いであれば前日のハマリ台が設定変更されていなかったら朝からハマリ台を打つ事が出来ます。

・リセット狙いが出来る機種であれば設定変更されていたら打つ事が出来ます(これを宵越し狙いといいます)

参考記事
設定変更を見抜く方法まとめ

続きを見る

 

設定狙い

設定狙いが出来る狙い台があれば設定狙いが優先になります。狙い台の決め方などは動画や別記事を参考にしてください。

ゲーム数狙い

リセット狙いや宵越し狙い、モード狙いなど狙えるものがあれば狙っていきましょう!特にリセット狙いは朝一が基本となります。狙える機種は設置機種に左右されますのでGoogleなどで検索しましょう!

設定変更状況の把握は重要!

パチスロで勝てる夕方からの立ち回り

サラリーマンの方は仕事が終わってから立ち回るという方もいらっしゃると思います。

ゲーム数狙い

夕方からは基本的にはゲーム数狙いがおすすめです。当日のハマリ台があるならそれが第一優先です。次は宵越し狙いになります。設定変更の状況も合わせて確認しつつ前日のハマリ+当日のハマリ台を狙っていきましょう!

設定狙い

当日の挙動(データ)が良さそうだから設定を狙うといのは軽率な行動なのでやめましょう!夕方からの設定狙いは挙動と根拠が揃って初めて狙えます。根拠というのは一言で言うと設定の入れ方の把握です。詳しくは別記事や動画で説明しています。

パチスロで勝てる夜からの立ち回り

夜と言っても閉店何時間前なのかが曖昧ですね。今回は2~3時間前を想定しています。

この時間で意識しなくてはいけないのは閉店時間です。閉店になればAT中でも、やめなくてはいけませんのでゲーム数狙いも設定狙いも期待値が変動します。

ゲーム数狙い

閉店時間を考慮しての台選びが必要になってきます。いつもよりボーダー(打つゲーム数の基準)を上げて狙うのがいいですね!お店によってはこの時間から大ハマリ台がある可能性がありますのでチェックしましょう。

設定狙い(AT・ART)

閉店時間を考慮して高設定とわかっていてもAT・ART機をやめる人がいます。このやめる時間の基準は人によって曖昧なので早くやめる人もいます。自分がまだ打てる時間と判断した場合は打ちましょう!

パチスロで勝てる閉店間際の立ち回り

閉店チェック

次の日(主に朝から)もお店に来るなら閉店チェックをすると次の日が有利になります。

参考記事
効率の良い閉店チェックのやり方

続きを見る

設定狙い(ノーマル)

朝から設定狙いをしていて疲れて帰るという人がこの時間だと出てきます。狙える根拠もしっかり作った状態で狙いましょう!

ゲーム数狙い・設定狙い(AT・ART)

この時間から狙うのはやめましょう!AT中の台が空いてたらOKですが、まずないです。

確実に勝ちたい方向け立ち回り

ゲーム数狙いや設定狙いはトータルで勝てる立ち回りではありますが1台単位や1日単位では負けることがあります。その日に絶対勝ちたい人向けの立ち回りです。

MB狙い

ミドルボーナスの略で次のゲーム(もしくは2ゲーム連続)に必ず小役が揃います。これだけをやってれば確実に勝てます。

残り狙い

残り狙いというのは前日にAT(ART)のまま閉店して店がその状態のまま開店するのを狙うというものです。AT中の台を打つわけなので負けません。なかなかありませんが大都技研の台は店が気づかない時があるので極々たまにあります。

AT中の台狙い

AT中でも時間がなくて帰る人がいます。この台の処理はお店によって異なります。電源を落とす店もあれば、そのまま開放する店もあります。残り狙いと一緒でほぼありませんが極々たまにあります。

まとめ

いかがでしょうか?

お店の状況はそれぞれ違いますので状況によって使い分けをする必要があります。

あなたの状況に応じて使い分けをしてみてください。

---Sponsored Link---

-スロットの基本, 役立ちツール

Copyright© パチスロメソッド , 2020 All Rights Reserved.